交通事故の被害者になってしまったとき、役立つ金額のあれこれ

メインイメージ

着手金とは

交通事故を弁護士に依頼すると着手金はどうなるのか

不慮の交通事故にあってしまった場合、その後の処理は多岐に渡り、法律や保険などが絡んで複雑になります。誰も交通事故に合うとは思って生活をしていませんから、詳しい情報を普段から知っている方は少ないです。

いざ、当事者になってみて、その難解さや面倒が多いことに驚くかもしれません。また、慣れない法律の専門用語に読み解くだけでも時間と勉強が必要になります。
しかし、それができるほど時間は待ってくれません。事故を起こしてしまった方は誠意をもって、迅速に対応しなくてはなりませんし、保障だけでなく、行政処分の対応も出てきますので時間もありません。

さらに事故にあった被害者側も、治療がありますし、仕事や日々の生活を犠牲にしているので、事故を詳細にまとめることは大変な苦痛になります。加害者側は任意保険に入っていれば、保険会社が交渉の代行を務めてくれますが、被害者側は自分で対応しなくてはなりません。しかし、実際は先に述べたように、十分な対応ができません。
そこで頼りにできるのが弁護士です。交通事故の示談、裁判を代行してくれます。交通事故関係の書類を揃えたり、保険会社との交渉を代行してくれます。

専門的な知識を活用してくれ、素人では難しい請求の根拠を示してくれるので、補償金や過失割合などを妥当なラインに導いてくれます。弁護士が介入することで、補償金の額も一番高い裁判基準に近い金額でまとまることが多いです。ですから、個人で交渉するよりも、安心できて、公平な話し合いができます。しかし、気になるのが費用です。もちろん、プロの代行してもらうので報酬は発生します。

しかし、報酬以上の金額アップが望めれば、トータルでプラスになるので、お願いする価値はあります。交通事故専門の弁護士に対して支払う金額は大きく分けて着手金と成功報酬とがあります。成功報酬は、実際に行った作業や成果に対して支払います。これは結果が出てから支払うことが多いです。

一方、着手金はまずはじめてに支払う、いわば交渉を始めるための、手初めてに使うお金です。これは契約した時点で支払うことが多いです。しかし、治療や事故関係で出費もかさみます。
まとまった金額を用意するのはきびしいという方も多いです。そんな時には着手金不要、後払いなどの料金体制をとっている弁護士もいます。ですから、信頼があるかはもちろん、費用の面でも負担がないかを事前にチャックして、自分に一番合った依頼をすることが安心です。

最近の投稿